2012/12 36歳で肺ガンになりました。ステージ3Bです。
広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

治療概要

経過の概略を残しますのでブログと合わせ参考にして下さい

平成24年12月10日  入院

平成24年12月17日 ペット診断

非小細胞肺腺癌と確定される
リンパに浸潤ありステージⅢBなので手術不能と判断された

12月20日  大学病院入院

12/25~30  シスプラチン+アリムタ点滴  1回目
25年
1/15~20 入院  点滴  2回目
2/5~9  入院  点滴  3回目
3/4~9  入院  点滴  4回目
3/19   MRI検査
4/3    CT検査
4/22 動けなるほどの体調不良の割に効果うすく薬の変更を検討

5/1 セカンドオピニオンを受け放射線治療を考えるも無理とされた

5/8 検討結果よりイリノテカン点滴+TS-1に変更決定
5/14 通院点滴デカドロンも服用 1回目
5/28      点滴  2回目
6/11      点滴  3回目
6/25      点滴  4回目
7/9  CT検査 点滴  5回目
7/23      点滴  6回目
8/6 点滴  7回目
8/20      点滴  8回目
9/3  CT検査・・特に効果なくタルセバに変更することにした

9/9~23  入院5回目 タルセバ錠開始
10/2       通院
10/23       通院
11/20   CT検査 効果大なるも副作用が酷く減量して継続とした
12/18       通院

26年
1/15       通院 
1/31  副作用のためタルセバ中止決定 
2/5    CT検査

2/10~3/7  入院6回目  
ドセタキセル点滴開始 1回目

2/12 入院中に意識不明となり脳のCT 検査結果の説明を受ける      
2/16 脳への全脳放射治療開始
   ヘパリンロック、グリセオール、 デカドロン点滴
3/7 脳治療が終わり退院

3/11 ドセタキセル+デカドロン 
点滴   2回目
   イソバイドシロップも服用
3/26       通院
4/7   脳CT検査
4/8     通院  点滴 3回目
5/9     通院  点滴 4回目
6/3   脳CT検査 レントゲン

6/10 ドセタキセル効果薄くナベルビン点滴に変更 点滴 1回目

6/17    通院  点滴  2回目
6/24 白血球低下 1200 点滴延期
7/1  白血球再検査
7/8        点滴  3回目
7/15 点滴  4回目

7/24 気管支転移で呼吸困難の為緊急入院
7/29 リンパ(気管支)放射線治療開始、ナベルビンは中止

8/9  足のしびれと排尿障害のためCT検査・・・異常なし  
8/13 再び足のしびれと便不能を訴える
8/17 MRI検査の結果、脊髄転移と診断される
8/19 カルボプラチン+タキソール点滴開始、
デカドロン、ロキソニン、リリカも使用
9/9  大学病院退院



緩和ケアのある近くの病院に転院した

9/9  地方病院入院
カルボプラチン+タキソール点滴継続
9/17 タキソールをアブラキサンに変更
10/6  脳検査、肺検査 結果良好
10/15 アバスチン追加
11/初旬  杖歩行及び排便可能となる

11/中旬  時々意識不明となる・・癌性髄膜炎と診断
11/19ステロイド(デカドロン)で復活
11/20 再度タルセバを使用することにした
11/24 体重はどんどん減り72Kgから50Kg程となっていた
12/6  本人の希望により退院




12/6 から自宅での看護が始まる

タルセバ、ロキソニンなど服用

12/13 退院後普通に過ごしていたがこの日が家族との最後の食事となった 

12/15 緩和処置としてオキシコンチン、オキノーム使用開始、タルセバは中   止、食欲無くなる
12/19 意識不明が始まる、同時にデュロテップMTパッチを貼り付ける
殆ど水分のみの摂取となる、呂律が回らなくなる

12/26 時々呼吸が止まったようになる
12/27 身体の動きが無くなってきた
12/29 没   にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ 2015/01/11 16:41 ] 一言 | TB(0) | CM(13)
とてもとても辛い治療だったんですね。
koさんのご冥福をお祈り致します。
ご報告ありがとうございました。
[ 2015/01/11 17:45 ] [ 編集 ]

お辛い中、ご報告ありがとうございました
koさんの生きた証ですね

家族は第2の患者と言う言葉があります
大切な人を失い心に大きな穴が空いてしまっても
私たち家族は毎日を生きなければなりませんね…

どうかkoさんの分まで生きてください!

ご冥福をお祈り致します
[ 2015/01/11 18:28 ] [ 編集 ]
本当に残念でなりません。いつも
励まされていました。楽しみにブログをみていました。父親も同じ病で戦っています。今まで本当にありがとうございました。安らかに。
[ 2015/01/11 20:27 ] [ 編集 ]
koさんは本当に強い人だと思います。化学療法が怖くて最初の一週間泣きっぱなしだったというくだりがあったのがとても印象的でした。
長い間、本当にお疲れ様でした。
ご家族の皆様、お辛い中、ブログ更新をありがとうございました。
[ 2015/01/13 08:58 ] [ 編集 ]
今まで成りすまししたり皆様にご迷惑をかけて申し訳ありませんでした

反省しています

みなさま、ごめんなさいでした
[ 2015/01/18 18:02 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/01/20 15:53 ] [ 編集 ]
本当に長い間お疲れさまでした。花粉に負けないで頑張って下さい
[ 2015/03/19 03:31 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/03/25 21:23 ] [ 編集 ]
相互リンクのご連絡 お世話になります。貴サイト拝見しまして非常に良いコンテンツを配信されており勝手ながらリンク集に追加させていただきました。(以下URLのヘッダはスパム対策で外していますが、こちらです) konkatsuhack.website/ 相互リンク、ぜひご検討いただければ幸いです。管理人 
[ 2015/11/08 19:22 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/02/01 18:15 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/02/13 16:24 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/02/14 20:54 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2017/11/17 16:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

サイト内検索
広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。