2012/12 36歳で肺ガンになりました。ステージ3Bです。
広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

タルセバ81 副作用酷くて中止

副作用が酷くてタルセバ一時的に中止します。
減量しても軽くならない・・・。
スポンサーサイト
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ 2013/11/29 19:27 ] 一言 | TB(0) | CM(0)

タルセバの効果は劇的

先日CT撮影して血液検査もして効果を判定してもらったのですが、効果は絶大でした。
主治医に過去最高レベルの劇的な効きですと言われました。
具体的にはCTで腫瘍が確認できなくなり、リンパ周囲の腫れも正常に戻ってるようです。
今までは縮んでは戻りの繰り返しでしたが、一気に消失させた分子標的薬の威力は凄い。
遺伝子変異無しなのに、ここまで効果が出るとは思わなかった。
問題は今後どうなるかですが・・・。

にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ 2013/11/23 16:33 ] 一言 | TB(0) | CM(5)

腫瘍マーカーCEA推移(ng/ml)

2013y11m20d_192803835.jpg

150.7=2012/12 癌宣告時
90=2013/1 1クール終 シスプラチン+アリムタ
78.8=2013/2 2クール終
80.9=2013/3 3クール終
205.4=2013/5/8 経過観察中
91.4=2013/6/11 イリノテカン+TS-1で2クール終了
135.5=2013/8/20 7クール
171.8=2013/9/3 8クール
11=2013/10/23 タルセバ44錠。
3.8=2013/11/20 タルセバ72錠。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ 2013/11/20 19:41 ] 腫瘍マーカー | TB(0) | CM(0)

タルセバ72 減量になりました

湿疹が酷く明日からタルセバは100mg(今までは150mg)となりました。
血液検査で腫瘍マーカーCEAが3.8に落ちました。
CT撮影もしました。 にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ 2013/11/20 19:39 ] 一言 | TB(0) | CM(2)

がん領域参入の日本BI「ジオトリフ」など了承

新薬無事承認されました。
イレッサやタルセバの効き目が落ちた人に重要な薬となるかも。

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は18日、がん領域に参入する日本ベーリンガーインゲルハイムの肺がん治療薬「ジオトリフ錠20mg、同錠30mg、同錠40mg、同錠50mg」(一般名=アファチニブマレイン酸塩)や、武田薬品工業の悪性リンパ腫治療薬「アドセトリス点滴静注用50mg」(ブレンツキシマブ ベドチン〈遺伝子組換え〉)などの承認を了承した。 にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ 2013/11/19 22:06 ] 肺癌データ | TB(0) | CM(0)

肺ガン初発症状

私は咳と血痰だけでしたがいろいろな症状がありますね~。
070707000_08.jpg
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ 2013/11/15 22:46 ] 肺癌データ | TB(0) | CM(0)

タルセバ67 頭皮と顔の湿疹

かなり酷くて減薬かも。
毛が皮膚ごと抜けるよ。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ 2013/11/15 20:01 ] 一言 | TB(0) | CM(4)

肺がん新薬が承認されそう。その名はジオトリフ

今月に肺ガン用新薬であるジオトリフ(アファチニブ)が承認されそうですよ。承認されれば、数ヶ月以内に発売されます。新しい分子標的薬です。

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会が18日に開かれる。日本ベーリンガーインゲルハイムの肺がん治療薬「ジオトリフ錠20mg、同錠30mg、同錠40mg、同錠50mg」(一般名=アファチニブ)、武田薬品工業の悪性リンパ腫治療薬「アドセトリス点滴静注用50mg」(ブレンツキシマブ ベドチン〈遺伝子組換え〉)などの承認の可否を審議する。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ 2013/11/11 00:39 ] 肺癌データ | TB(0) | CM(2)

タルセバ(エルロチニブ)が良く効いた例

タルセバ(エルロチニブ)ですが、EGFR遺伝子変異無しの陰性でもこれだけ効いた人が居ます。

症例.81歳,男性.EGFR遺伝子変異陰性肺腺癌,病理病期I期の術後再発症例である.各種抗癌剤治療を行うもcPD(増大)となりエルロチニブを開始した.内服1年後には画像上転移巣は消失しcCRとなった.有害事象により減量,中止をしたが,腫瘍の再燃なく2年6か月間無再発生存中である.結論.エルロチニブはEGFR遺伝子変異陰性腺癌症例に有効である場合もあり,休薬後も長期cCRを維持する場合があることが示唆された.

Background. The efficacy of epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor (EGFR-TKI) depends on EGFR-mutation status in patients with non-small cell lung cancer (NSCLC). According to some reports, NSCLC patients with EGFR-wild-type tumor have a favorable clinical response to EGFR-TKI erlotinib. However, erlotinib has not been reported to control EGFR-wild-type tumors completely for the long periods, following discontinuation. Case. A 81-year-old man with an EGFR-wild-type adenocarcinoma of lung (pathological stage I) was treated by some undetermined kind of chemotherapy for recurrent foci of the lung. They responded to erlotinib well and disappeared completely on a computerized tomography imaging. The adverse reactions resulted in the discontinuation of erlotinib, but the survival time from discontinuation was 30 months. Conclusion. Erlotinib is a treatment option for EGFR-wild-type NSCLC.

http://ci.nii.ac.jp/naid/130002060250 にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ 2013/11/09 10:57 ] 肺癌データ | TB(0) | CM(2)

EGFR遺伝子は陰性

事前検査では、EGFR遺伝子は陰性のためタルセバは効かない可能性が高いが、それでも10パーセント位の人には効果があると言われました。結果は腫瘍マーカーは下がったけど、腫瘍はどうなってるかはまだ分かりません。今月下旬にCTですが緊張してドキドキしてますよ。 にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ 2013/11/05 23:09 ] 一言 | TB(0) | CM(6)

タルセバ54 爪回り

先週辺りからついに来ちゃいました。
1箇所だけなのが幸い。
にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ 2013/11/02 02:03 ] 一言 | TB(0) | CM(4)

白熊さんステージ3Bから完治

白熊さんはパンコースト型肺癌で完治したそうです。ギリギリの所で手術できたようですが、術後の診断ではステージは3Bだったとの事です。
ブログはこちら にほんブログ村 病気ブログ 肺がんへ
[ 2013/11/01 01:35 ] 肺癌完治ブログ | TB(0) | CM(0)
サイト内検索
広告


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。